複合機はオフィスの支え薬

インターネットが発達して企業ても必要不可欠な通信インフラとなりました。

これに伴いオフィスでもデスクトップやノートパソコンが普及し、一人一台の時代となっています。

しかし、いつまでも変らずあるのが、コピーやFAX機です。

これらも書類の控えを取ったり、取引先とのコミニュケーションとして続いている製品群です。

しかし、これらのオフィス機器は複合機として変わりつつあります。。

その名の通り、コピー機をベースにFAXやスキャナーという顔も持っているからです。

コミニュケーション手段がメールに移り変わっている面もあるのですが、その際に資料をFAXで送るのではなく電子データとしてメールに添付して送ることがあります。

紙の文書をスキャナーで電子データにする必要がありますが、複合機が、その役目を果たしてくれます。

オフィス内はLANは張り巡らされていますから、手許のパソコンに電子データが届きます。

それを相手にメールするわけですが、このような場面は獄普通に行われています。

それだけ複合機の存在は無くてはならない物になっています。