我がTwitter(ツイッター)の体験記

|ゴミ屋敷の清掃業者なら七福神|

★ 我がTwitter(ツイッター)の体験記、

私事になりますがTwitter(ツイッター)やFacebook (フェースブック)は小規模ながら数年前から行っていましたが、現在は直接的なやり方ではなくブログの一端として行っております。 ブログの場合は投稿後にTwitterやFacebookが同期していますので、Twitterとして又はFacebookとして投稿した形になるのです。

例えば、筆者の場合は色々なブログに投稿していますが、其の内容というのは趣味に関するもので山歩き、登山に関する事や旅行(国内旅行)に関するすることが主体となっていて、これらに関して投稿すると、同じ趣味の人達がTwitterしてきて、「いいね」を付けたり、ユーザーからフォローされたりもします。 此の時に、質問内容が有るときは時折は其れに答えたり、同調したリはいたしますね。

勿論、TwitterやFacebookというのは短文形式になっていますので、ブログなどの長文になっていると規定の文字数(140文字以内)にカットされてしまいますが、此の時には先頭の文字数のみを表記さあれるようになっているのです。
併せて、此の時に短いTwitter文には、ブログの本文へ誘導するためにURLやハイパーリンクされていますので、其処をクリックするとブログの本文が読めるようになっているのです。

★ Twitter(ツイッター)とその登録方法、

さて、Twitter(ツイッター)やFacebook(フェースブック)はSNS(ソーシャルネットワークシステム)と言われるもので、極端な例ですがアメリカのトランプ大統領が「北朝鮮の金正恩に関してツイートした」などとニュースにもなりますが、自分の思いや感じを簡単な文にして世間に知らせることが出来るのです。

よく、「ツイッターやフェースブックで世間が炎上している」とも言われるときがありますが、世間や社会的に非常に興味や関心事になりますと、みなさんが関心を持って見ながら更に意見を述べて発信することが出来るのです。 つまり一方的なメールなどと異なって会話形式で、而も多数の人と話をすることが出来るのが特徴です。 此の時の状態をツイートするともいいますが、同様にシェアしたりブックマークにして保存しておくことも出来るのです。

Twitter(ツイッター)に登録しログインするには非常に簡単で、先ず本人の「名前」、使用している「メールアドレス」、其れに「パスワード」を入力すると 「Twitterに登録する」が表示されますので、其処をクリックすると自分のアカウントが取得でき、其の上にユーザー名かメールアドレスとパースワードを入力してやると「ログイン」ができ、直ぐに形式文がでてきて実施することが出来ます。

PR|フリーソフト|四季の童話集|相互リンク募集サイト|心の診断|副業ランキング|相互リンク募集中|データ復旧|サイドビジネス|ショッピングカート設置|ページランク ランキング|オーディオ|家計見直しクラブ|お小遣いNET|